« femme:マタニティーマーク、遠慮しないでどんどん使おう | トップページ | GoogleBooks訴訟、その後 »

2015/10/18

grante:あしなが育英会の奨学金

あしなが育英会から、毎月の貧者の一灯にお礼のメールが届いたので、こちらでご紹介。

あしなが育英会というのは、親を亡くした子供の進学を支援する目的で作られたもので、そのネーミングはあしながおじさん から来ていることは言うまでもない。

その国内遺児の現状というページを見ると、貧困という問題が眼前に迫ってくる思いだ。

あしなが育英会の高校奨学生の保護者の手取り月収は、平均して13万8千円足らずです。

「教育費不足」は67%で、教育費を賄うために「教育費以外の削減」48%、「預貯金の取り崩し」41%に次いで多いのが、「子どものアルバイト」で25%にものぼります。

高校卒業後の進路希望は、「大学・短大進学」39%。全国の大学・短大進学率は55%(文部科学省調査)ですが、あしなが高校奨学生の「大学・短大進学」希望にも関わらず16ポイントも低い状況です。就職希望者の就職理由は、「経済的理由で進学断念」が53%で、2年前の前回調査より13ポイントも急増しました(2013年あしなが育英会調査)。 全国の高校生の年間教育費は、公立高校38万6千円(月3万2千円)、私立高校96万8千円(月8万1千円)にものぼります(2012年文部科学省調査)。公立高校は授業料無償化、私立高校も授業料が減額されても教育費負担は大変です。

奨学金を利用できる人は、詳しくは「奨学金を利用したい方へ」のページを見ると良いが、今、困っている人には以下の情報を伝えたい。

病気、災害、自殺など自動車事故以外で保護者を亡くしたり、重度後遺障害で働けない家庭の子どもたちの奨学金制度は、

高等学校・高等専門学校奨学金(国公立2万5千円、私立3万円)

大学・短期大学奨学金(4万円または5万円)

専門学校奨学金(4万円)

大学院奨学金(8万円)

の4種類があります(カッコ内は、貸付月額)。
また、私立学校入学一時金制度(高校30万円・大学40万円)もあります。

奨学金は、無利子で、卒業後20年間で分割返還していただきます。
経済的に厳しい家庭の遺児高校生には、全員に貸し出しを目指しています。

これもまた貸与奨学金であり、口の悪い人々には学生ローンじゃないかと言われそうだが、そう思う人は返還が不要になるほどの財源を確保できる方策を考えよう。

さて、現在は困っていないという人々には、以下の情報を伝えたい。

継続したご寄付やボランティア活動など、さまざまなご支援方法があります。親を亡くした子どもたちをご支援くださっている方々に、心よりお礼申しあげます。 本会へのご寄付は税金の寄付金控除の対象とはなっておりません。何卒ご理解賜りますようお願い申し上げます。

クレジットカードによる寄付など、具体的な方法はご支援についてのページを参照されたい。

貧困の連鎖を断ち切るには、子供たちの希望を様々な形でバックアップすること、それに尽きる。

|

« femme:マタニティーマーク、遠慮しないでどんどん使おう | トップページ | GoogleBooks訴訟、その後 »

明るい法律の話題」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/31412/62500536

この記事へのトラックバック一覧です: grante:あしなが育英会の奨学金:

« femme:マタニティーマーク、遠慮しないでどんどん使おう | トップページ | GoogleBooks訴訟、その後 »