« lawyer:アディーレの有利誤認表示と契約取消権 | トップページ | justice:東住吉事件再審請求から窺われる刑事司法の諸問題 »

2015/10/23

Book:月は幽咽のデバイス

今年読んだ51冊目は月は幽咽のデバイス (講談社文庫)

ところでいまさらと自分でも思うが、森博嗣の作品は大体が密室ないし実質的な意味での密室になっていて、しかしその謎解きは別にどうでもいいみたいな筋立てが多い。

この作品も、読み終わってみると、それに近いものがある。

それと、Vシリーズ第一作は登場人物の紹介編で、第二作からはそれをキャンバスのように使った物語となっているが、少々好みが分かれるところなのかもしれない。

|

« lawyer:アディーレの有利誤認表示と契約取消権 | トップページ | justice:東住吉事件再審請求から窺われる刑事司法の諸問題 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/31412/62534602

この記事へのトラックバック一覧です: Book:月は幽咽のデバイス:

« lawyer:アディーレの有利誤認表示と契約取消権 | トップページ | justice:東住吉事件再審請求から窺われる刑事司法の諸問題 »