« 14juilletといえばバスティーユ | トップページ | Book:ストロベリー・ナイト »

2015/07/19

Book:すべてがFになる

今年読んだ36冊目は、森博嗣の実質的なデビュー作でテレビドラマのタイトルともなったすべてがFになる (講談社文庫)

一時帰国して、自宅にあるのを読み始めたのだが、舞台のモデルとなった日間賀島には、篠島とともに行ったことがあり、もちろん真賀田研究所のプライベートアイランドではなく、タコが名物の観光地であった。

作品自体は、テレビドラマを見逃した私としては、大変興味深く、しかし犀川先生はまだ若い感じがした。

|

« 14juilletといえばバスティーユ | トップページ | Book:ストロベリー・ナイト »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/31412/61912294

この記事へのトラックバック一覧です: Book:すべてがFになる:

« 14juilletといえばバスティーユ | トップページ | Book:ストロベリー・ナイト »