« JUB:将来のEU特許統一裁判所の訴訟費用についてパブリックコメント | トップページ | 9peace »

2015/06/27

mariage pour tousがアメリカでも

アメリカの連邦最高裁は、同性婚を全米で認める判断を下した。

米連邦最高裁 全州で同性婚認める判断

アメリカの連邦最高裁判所は、男性どうしや女性どうしが結婚する同性婚をすべての州で認める判断を示しました。全米で同性婚が事実上、合法化されることになります。

アメリカでは、全米50州のうち37の州と首都ワシントンで同性婚が認められる一方、中西部オハイオ州など4つの州を管轄する連邦高等裁判所は、去年11月、同性婚を認めない判断を示しました。同性婚の是非に対する司法の判断が州で分かれたことから、連邦最高裁判所が審理を進めていました。


既に2006年には連邦最高裁が結構防衛法を違憲と断じていたので、画期的なのか、それとも全ての州に関わる司法判断が完了したということなのかな?

この問題については、以下の書物を読まねばならない。

|

« JUB:将来のEU特許統一裁判所の訴訟費用についてパブリックコメント | トップページ | 9peace »

外国法事情」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/31412/61799219

この記事へのトラックバック一覧です: mariage pour tousがアメリカでも:

« JUB:将来のEU特許統一裁判所の訴訟費用についてパブリックコメント | トップページ | 9peace »