« action:消費者庁の行政処分に対して取消訴訟提起 | トップページ | 愛国ポルノの解毒剤:外国人被災者のリアルなopinion »

2015/03/19

Book:ハプスブルク家

今年読んだ20冊目

ハプスブルク家 (講談社現代新書)を読んで、これほど有名なこの王朝が、しかしあまり知られていなかったということを改めて知った。

実際、世界史で習ったレベルでは、「両ハプスブルク家」といってスペインとドイツ(神聖ローマ帝国)の両方の王家であったとか、マリー・アントワネットのお母さんがマリアテレジアでハプスブルクの女王、というくらいの曖昧な知識が関の山であった。

この本ではマクシミリアン1世やカール5世、それにマリアテレジアのことが日本であまり知られていないことが残念で、彼らを重点的に取り上げたとある。

なお、名画で読み解く ハプスブルク家12の物語 (光文社新書 366)とか、戦うハプスブルク家 (講談社現代新書)とかも面白そうである。

|

« action:消費者庁の行政処分に対して取消訴訟提起 | トップページ | 愛国ポルノの解毒剤:外国人被災者のリアルなopinion »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/31412/61304171

この記事へのトラックバック一覧です: Book:ハプスブルク家:

« action:消費者庁の行政処分に対して取消訴訟提起 | トップページ | 愛国ポルノの解毒剤:外国人被災者のリアルなopinion »