« FRANCE女性参政権70周年にオランプ・ド・グージュの胸像を | トップページ | ISIL 角幡唯介:自己責任をめぐって »

2015/02/11

jugement:特別清算中の会社が届出債権の不存在確認で勝訴した事例

倒産法の中では極めてマイナーな特別清算についての、教材ともなるべき裁判例である。

東京地判平成27年1月23日(PDF判決全文)

申出債権は、特許権侵害と株主権侵害を理由とする損害賠償請求権なのだが、前者は全く証拠がなく、何がどのように特許権侵害になっているか主張もできない。後者は、そもそも株主となることが出来た地位って何? という扱いだ。

この事件は、あのオリンパスの粉飾決算事件に関係していて、特別清算により清算されている原告会社は、本来の事業もないわけではないが、オリンパスの含み損を解消させる道具としても使われるものという、いわくつきの会社であった。

それはともかく、特別清算の過程で債権者と称する者が債権を申し出て、争いがあれば、このように一般の民事訴訟による債権の存否確認になるわけだ。


|

« FRANCE女性参政権70周年にオランプ・ド・グージュの胸像を | トップページ | ISIL 角幡唯介:自己責任をめぐって »

裁判例」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/31412/61119368

この記事へのトラックバック一覧です: jugement:特別清算中の会社が届出債権の不存在確認で勝訴した事例:

« FRANCE女性参政権70周年にオランプ・ド・グージュの胸像を | トップページ | ISIL 角幡唯介:自己責任をめぐって »