« jugement:食べログ掲載を差し止める権利はない | トップページ | Lawyer:最近の若い弁護士さんは法廷で起立しないで発言する »

2015/02/25

Book:悲嘆の門

今年読んだ16、17冊目は宮部みゆきのファンタジー悲嘆の門(上)悲嘆の門(下)である。


宮部みゆきの本はどれも食いつきがよく、あっという間に虜になってしまうが、これも最初のところから引き込まれていった。
それも、サイバーパトロールの会社でバイトする主人公ということで、ネット民にはある意味身近な存在だ。

しかし、これはファンタジーもの。宮部みゆきの初期の作品で言えば、レベル7(セブン) (新潮文庫)の系統とでも言おうか。ただし途中までは火車 (新潮文庫)ペテロの葬列を思い起こさせる追跡ものだが。


|

« jugement:食べログ掲載を差し止める権利はない | トップページ | Lawyer:最近の若い弁護士さんは法廷で起立しないで発言する »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/31412/61192481

この記事へのトラックバック一覧です: Book:悲嘆の門:

« jugement:食べログ掲載を差し止める権利はない | トップページ | Lawyer:最近の若い弁護士さんは法廷で起立しないで発言する »