« Franceにおける中絶合法化40周年 | トップページ | France:キレる法学教師・弁護士 »

2015/01/17

LS:法科大学院補助金増減措置の表

読売新聞サイトに全法科大学院の増減の表が掲載されていた。

我が北大は105%とかろうじて増加のグループに入っていた。同列なのが大阪大学と同志社大学。
その上には早稲田、一橋、東京、京都、慶應しかない。
またすぐ下の増減なしには上智と神戸、さらに下の95%とかろうじて減額なのが名古屋と学習院、創価。


その下は妙に細かいが、94%に岡山、93%に中央、91%に東北、90%に筑波と、1ポイント刻みに差をつけられている。

このほか、表を眺めていると、色々と感想が浮かぶ。

愛知大学とか千葉大学とか、低い地位にいるのは意外だとか。

中京地区も九州地区も、随分厳しい状況に置かれている。あ、関西地区もだ。

しかし、記事によれば、トップとなった早稲田が45%もの加算を勝ち取ったのは、なんと、「海外から招く教員が英語で授業をするなどの取り組みが評価され」たためだという。

文科省はつくづく英語で授業がお気に入りのようである。

|

« Franceにおける中絶合法化40周年 | トップページ | France:キレる法学教師・弁護士 »

法曹・LS」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/31412/60988138

この記事へのトラックバック一覧です: LS:法科大学院補助金増減措置の表:

« Franceにおける中絶合法化40周年 | トップページ | France:キレる法学教師・弁護士 »