« Belgique:弁護士は法廷で宗教的シンボルを身につけて良いか | トップページ | クレジットカードとNET取引の今後を考える中間とりまとめ »

2015/01/18

Kindleで読める使えそうな法律書・その1

ちょっと息抜きにKindleストアで法律書を検索してみた。

使えそう、というか読みたくなる本として目に付いたもの。

末広厳太郎先生の二冊は、0円だ。つまり青空文庫というわけだ。
吉田さんの法律の読み方、第二版となっているのが一つの発見。

角田先生の本とか、黒木さんの『法服の王国 小説裁判官(上)(下)』とか、結構まともな本も入手可能のようである。
というか、岩波新書は全てKindle対応になったのだろうか? それとも部分的にすぎないのだろうか?

JLF選書もキンドル版が出ているというのは知らなかった。その他、瀬木さんの新刊も、果たして二匹目のドジョウとなるか、興味深い。


|

« Belgique:弁護士は法廷で宗教的シンボルを身につけて良いか | トップページ | クレジットカードとNET取引の今後を考える中間とりまとめ »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/31412/60993198

この記事へのトラックバック一覧です: Kindleで読める使えそうな法律書・その1:

« Belgique:弁護士は法廷で宗教的シンボルを身につけて良いか | トップページ | クレジットカードとNET取引の今後を考える中間とりまとめ »