« comic:3月のライオン(10) | トップページ | Book:民事訴訟法判例インデックス »

2015/01/07

Judge:裁判モノ映画とテレビ

映画『ジャッジ 裁かれる判事』は面白そうだ。

“金で動くやり手弁護士”ハンク。そんな彼にとって弁護士史上最高難度の事件が舞い込む。人々から絶大な信頼を寄せられる判事ジョセフが、殺人事件の容疑者として逮捕。しかも彼は、ハンクが最も苦手とする絶縁状態の父親!法廷で42年間も正義を貫いた父が殺人など犯すはずがない──最初はそう確信していたハンクだが、次々と疑わしき証拠が浮上する。殺された被害者と父との歪んだ関係、亡き母だけが知っていた父の秘密、防犯カメラがとらえた不可解な映像──。裁判は劣勢に傾いていくのに、犬猿の仲の2人は弁護の方針を巡って激しく対立する。果たして、父は殺人犯なのか? 深い決意を秘めた父の最後の証言とは──?
ワーナーのページから

他方、日本のテレビでは復讐法廷が登場する。

田村正和と竹内結子が「復讐法廷」で10年ぶりの共演!

娘を殺した犯人を復讐した大学教授・中原(田村)が主人公の法廷サスペンス。中原の娘・由紀子(柳生みゆ)をレイプして殺害した岩崎(中尾明慶)は、警察に自白を強要されたとして無罪になる。これに失望した中原は自ら岩崎の居場所を突き止め、猟銃で射殺。岩崎を裁けなかった日本の司法を弾劾する。中原の弁護は“ヤメ検弁護士”の信子(竹内)が担当するが、中原は減刑を望まず、弁護士も不要と言い放つ。なんとか裁判を戦うため由紀子の事件を調べる信子は、裁判を通してその驚くべき真相に迫っていく。

このドラマの原作本はヘンリー・デンカーのもの。和久峻三ではない。

|

« comic:3月のライオン(10) | トップページ | Book:民事訴訟法判例インデックス »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/31412/60935902

この記事へのトラックバック一覧です: Judge:裁判モノ映画とテレビ:

« comic:3月のライオン(10) | トップページ | Book:民事訴訟法判例インデックス »