« France司法界もJe suis Charlie | トップページ | action:13日に津波被害関連訴訟の判決 »

2015/01/09

Book:ビブリア古書堂(6)

今年読んだ5冊目。

ビブリア古書堂シリーズは、一昨年にドラマ化されたが、物語はまだ終わっておらず、むしろ(6)でますます佳境に入ってきたような感じだ。

comic:ビブリア古書堂
ここで紹介したのは漫画だが、小説が本体と言える。
Book:ビブリア古書堂

しかし、当初は、一つの本ないし作家を題材として、比較的短い謎解きが行われる連作短編集という趣であった。
これに対してドラマでは、栞子さんと五浦くんを中心とする物語が中心という趣であった。
今回読んだ(6)はそんなドラマの続きに当たるのだが、栞子さんと五浦くんとの関係、それぞれの家族、親戚、その他の人々を巻き込んで大きな流れを形成している。しかも、その伏線はちゃんと最初の方から引かれていたのだ。

一つの太いストーリーが文庫第6巻になるまで徐々に進んで行くというのは、結構すごい大河どらまではないか。

|

« France司法界もJe suis Charlie | トップページ | action:13日に津波被害関連訴訟の判決 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/31412/60948471

この記事へのトラックバック一覧です: Book:ビブリア古書堂(6):

« France司法界もJe suis Charlie | トップページ | action:13日に津波被害関連訴訟の判決 »