« nuk:原発廃炉費用の負担者は誰が正当? | トップページ | jugement:弁護士を盗撮すると違法 »

2015/01/15

Book:冷たい密室と博士たち

今年読んだ7冊目。

森博嗣のミステリだが、これを読んだのはフジテレビの「すべてがFになる」を見たからである。

寝る前に読む本扱いだったので、全く進まなかったが、今日ちょっと長い待ち時間があって一気に読み終わってしまった。

読んでいるうちに、UNIXのrootがどうのと、とても懐かしい世界に至ったし、登場人物の半数(主要人物はすべてかも)がタバコをすうというので、昭和の香り満載な感じになったが、やはり、1996年、前世紀の作品であった。昭和ではなかったが。

|

« nuk:原発廃炉費用の負担者は誰が正当? | トップページ | jugement:弁護士を盗撮すると違法 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/31412/60978726

この記事へのトラックバック一覧です: Book:冷たい密室と博士たち:

« nuk:原発廃炉費用の負担者は誰が正当? | トップページ | jugement:弁護士を盗撮すると違法 »