« newsクリップ20141211 | トップページ | vote:憲法改正の問題を忘れていませんか »

2014/12/12

newsクリップ20141212

秘密の評議見えた? シミュレーションで裁判員裁判を分析
大阪地裁、地検、弁護士会の共同で開催されたシミュレーション。

議論は通常の裁判員裁判と同様の流れで進行。裁判官が量刑相場のデータや「量刑の基本的な考え方」という自作の参考資料を示し、示談の有無や遺族の処罰感情などを検討した。4時間余りの議論の末、執行猶予の年数を投票で決め、懲役3年、執行猶予5年の判決にたどり着いた。

木村草太氏が解説「国民審査とは」
ちょっと趣旨がわからないところがあるが、紙面が端折ってしまったためかもしれない。

「配転命令は権利乱用」従業員の地位保全を決定

頼裁判官は「佐久事業所を閉鎖しなければ危機的な経営に陥る状態とは言い難い」とし、配転命令は会社側の権利乱用にあたると判断。配転を拒む従業員に不利益がないよう、地位保全の必要があるとした。

飲酒運転「逃げ得」防ぐ“発覚免脱罪” 県内初の判決
5月に新設された規定の適用。


出廷拒否の被告 6回目の初公判も開かれず
(大阪府)

いよいよ、嫌だといえば裁判を受けなくても済みそうに見える。

|

« newsクリップ20141211 | トップページ | vote:憲法改正の問題を忘れていませんか »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/31412/60797082

この記事へのトラックバック一覧です: newsクリップ20141212:

« newsクリップ20141211 | トップページ | vote:憲法改正の問題を忘れていませんか »