« newsクリップ20141216 | トップページ | misc:「日本」という名前を付けた政党は? »

2014/12/16

law:法学徒が冤罪を明らかにした


Cardiff


フランスの新聞Le Figaroが伝えるところによると、カーディフで殺人を犯したとして終身刑に処せられていた男性の無実を、法律の学生が明らかにしたという。
つまり、イギリス・ウェールズのお話だ。

これはInnocence Projectという冤罪の可能性を研究するグループに属する学生によるもので、詳しいことは書かれていないが、有罪の決め手となった発砲の跡を再度鑑定させて、犯人とされたDwaine Georgeの無実の証明をしたというのだ。

すでに冤罪が裁判で認められて釈放されたが、Innocence Projectがカーディフで活動を始めて9年、初めての成果だとJulie Price先生は述べている。

日本の学生のサークル活動としてやるのも有用かも。

ちなみに、カーディフ大学は京都大学と交流があるようで、日本語の授業もあるようだ。

|

« newsクリップ20141216 | トップページ | misc:「日本」という名前を付けた政党は? »

外国法事情」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/31412/60817563

この記事へのトラックバック一覧です: law:法学徒が冤罪を明らかにした:

« newsクリップ20141216 | トップページ | misc:「日本」という名前を付けた政党は? »