« newsクリップ20141204 | トップページ | china:中国が国際法を踏みにじる »

2014/12/04

family:家庭内暴力の末の殺人

「妻と娘を守る義務がある」 三男殺害、父への判決

仲の良かった息子が精神的におかしくなり、妻に暴力をふるい、他人に危害を加えたり、刃物を使うと脅したりするようになってしまった。主治医は本人が同意しない限り精神病院に入院させられず、措置入院しかないといい、警察は措置入院に前向きではない。暴力が押さえられずに警察を呼んだ時も、警察が来て落ち着いた息子を前に、措置入院は難しいという。

妻と娘を守るために父は息子を刺し殺す道を選んでしまった。

詳細は上記記事を参照してもらいたい。

色々思うところはある。
この前テレビドラマ化されていた『家族狩り』を思い出すし、夫のDVが招く悲劇も思い出す。

この父親やその家族が、立ち直れるかどうか、それがとにかく心配だ。

|

« newsクリップ20141204 | トップページ | china:中国が国際法を踏みにじる »

裁判例」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/31412/60758097

この記事へのトラックバック一覧です: family:家庭内暴力の末の殺人:

« newsクリップ20141204 | トップページ | china:中国が国際法を踏みにじる »