« newsクリップ20141019 | トップページ | newsクリップ20141020 »

2014/10/19

マッサンの里、NIKKA余市蒸溜所

フランス人教授をご案内するという口実で、天気の良い土曜日に行ってきました。入場無料という太っ腹な場所です。

Dscf5698

入り口は、余市駅からも、札幌からの高速バス余市十字街からもすぐ。
全く迷うことのない好立地でした。

Dscf5699


Dscf5700Dscf5701


日本で炭の直加熱をしているところはここ一箇所だけと説明されていました。
しかし、このスティルではどの程度のウィスキー原料が作成されているのでしょうか?

Dscf5703Dscf5704Dscf5706

好天に恵まれ、紅葉が真っ盛りの素晴らしい一日でした。
フランス人がC'est jolie! Super! Magnifique!を連発していました。


Dscf5709Dscf5710

マッサン夫婦のお家は、玄関ホールから入った部屋のみ公開でしたが、夫婦の歴史が展示され、ちょうど朝ドラを見ている人たちには殊の外興味深いものでした。しかし、フランス人にとっても、1920年に日本人と結婚して来日したスコットランド女性というのは実に驚くべき存在だと思うようで、わずかな英語表記を丹念に見ていました。

Dscf5708Dscf5711


Dscf5714


我々の世代のニッカというと、やはりひげのモザイクおじさんです。
試飲では、竹鶴21年をチョイスしました。
竹鶴25年はレベルが1つ違い、試飲程度でもボトル買いでもお財布が許しませんでした。

Dscf5717Dscf5720


ウィスキー博物館には、リタに相当するエリーがドラマで首から下げている指ぬきが展示されていました。
これ、複製をおみやげにすれば良いのにと思いました。

|

« newsクリップ20141019 | トップページ | newsクリップ20141020 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/31412/60508160

この記事へのトラックバック一覧です: マッサンの里、NIKKA余市蒸溜所:

« newsクリップ20141019 | トップページ | newsクリップ20141020 »