« LINEと静岡大学のコラボ授業 | トップページ | 中国のDV被害者の惨状と日本 »

2014/09/30

newsクリップ20140930

神戸・女児遺棄事件 「取調べは録音・録画」弁護士明かす

増田弁護士は「取り調べでは生い立ちなど身の上話をしているようだが、詳しく『こういう話を聞かれた』というのは分からない」と説明。健康状態は「そんなに悪くなさそうだった」と述べた。

法廷弁護士の給料がバリスタより安い-英バリスター悲哀物語
イングランドの弁護士は、当事者の代理人となるソリシタと法廷弁論を請け負うバリスタとに分かれる。より高度な専門職であるはずのバリスタが、珈琲店のバリスタより収入が少ないという。

恐怖のシナリオ…ターゲットは参院!? 「一票の格差」訴訟で選挙無効も
参議院なら大丈夫だろうと、最高裁が選挙無効判決に踏み込む可能性を指摘している。

裁判員制度の合憲性焦点 ストレス障害訴訟、30日に判決
殺害現場の写真を見せられ、急性ストレス障害になった元裁判員が国賠を請求している。

埼玉の中1自殺、両親の敗訴確定 最高裁、いじめ認めず
原判決は、遺書には「死んだのは(中略)クラスの一部に勉強にテストのせいかも」などと書かれていたが、いじめがあったとは認められないとの判断。

実名本「違法なし」確定 光市事件死刑囚が敗訴

山口県光市母子殺害事件の犯行時少年だった死刑囚の実名や写真を載せた本の出版をめぐる訴訟で、最高裁第1小法廷(横田尤孝裁判長)は29日までに、死刑囚の上告を退ける決定をした。プライバシー権侵害などはなかったとして出版の違法性を否定した二審広島高裁判決が確定した。決定は25日付。

国民が違憲を問う韓国憲法裁判システム、8カ国がベンチマーキング

韓国のように権威主義政権を経験したり、民主主義の実験を始めたばかりの国が韓国の憲法裁判をベンチマーキング対象としている。秘法の伝授を受けるため韓国憲法裁を訪ねている。憲法裁判の韓流ということだ。92年以降13回も韓国憲法裁を訪問したモンゴル憲法裁は「韓国式の憲法裁判制度を導入している」と紹介している。2007年からモンゴル・タイ・ベトナム・トルコ・ミャンマー・カンボジア・バングラデシュ・ラオスの8カ国が研修を受けた。研修を受けた約100人は各国の憲法裁あるいは最高裁の局長級以上。憲法裁国際協力課のヤン・ソヨン書記官は「各国の憲法研究官から憲法裁のトップまで多くの人々が研修に来ている」と話した。

|

« LINEと静岡大学のコラボ授業 | トップページ | 中国のDV被害者の惨状と日本 »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/31412/60392471

この記事へのトラックバック一覧です: newsクリップ20140930:

« LINEと静岡大学のコラボ授業 | トップページ | 中国のDV被害者の惨状と日本 »