« 卑怯者のpoliticienne | トップページ | Japan:美しくない日本、炸裂 »

2014/09/11

newsクリップ20140911

司法試験合格率低迷、法科大学院「存続危うく」

神奈川大は今回40人が受験したが、合格者ゼロ。成績優秀者を呼び込むため、学費と現金100万円を支給する異例の給費制度を設けたが、成果が上がらない。

法科大学院の立て直しを急げ
法科大学院はさらに再編し、レベルを高めるとともに、司法試験の内容も法科大学院で学んだことを活かせるかどうか検討すべきだとする。


理想とは裏腹に…弁護士の就職難深刻化 合格者減の要求強まる

司法試験合格者を3000人に増やし、国民の法的ニーズに対応する―。政府は昨年7月、司法制度改革をめぐり10年以上掲げていたこの看板を下ろした。かつての理想とは裏腹に弁護士の就職難は深刻化。日弁連などからは速やかに合格者数を減らすよう求める声が強まっている。

業者ランク付け、サイト根拠なし 京都地裁、情報開示を命令
プロ責法の発信者情報開示請求が認められた事例。ランキングの前提となった事実に真実性が認められないということのようである。

「司法修習はブラック企業くらい理不尽」 元司法修習生たちが「対価を払え」と提訴
弁護士ドットコムというサイトの転載だが、中には「対価」ではなく一人一万円の(おそらく)損害賠償を支払えという内容だと書かれている。

福島原発事故:九州避難者が東電と国を相手取り賠償提訴
全員が避難区域外からの自主避難者とのこと。

大間原発訴訟、「原告適格」を主張 函館市が意見書作成へ

7月3日に東京地裁で行われた第1回口頭弁論後、地裁が市に国側の主張への反論として鑑定意見書の提出を求めてきた。意見書は行政法学者に執筆を依頼し、執筆者は最大7人を想定。執筆料756万円は全国からの寄付金を積んだ「大間原発訴訟基金」で賄う方針

築21年の韓国憲法裁判所庁舎、2年以内に倒壊の危険性
 ここには訪問して最上階図書館も屋上庭園も見せてもらったが、そんなことになっているとは。

LVMHとグーグル、偽造品販売対策で和解
グーグルが広告で偽造品の販売幇助をしているとして責任を追及され、フランス国内では有責判決をくだされたが、破毀院が欧州裁判所に判断を委ねたところ、「グーグルが偽造品販売に関する広告だと認識しながら表示の取り下げ・掲載中止を怠った場合」を除き、グーグルの責任はないとされ、フランス国内第一審に差し戻された。今回の和解は、その第一審裁判所のもとでのことである。

|

« 卑怯者のpoliticienne | トップページ | Japan:美しくない日本、炸裂 »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/31412/60294001

この記事へのトラックバック一覧です: newsクリップ20140911:

« 卑怯者のpoliticienne | トップページ | Japan:美しくない日本、炸裂 »