« law:市役所と家裁の連携 | トップページ | newsクリップ20140924 »

2014/09/23

misc:忘れ物、なくし物を届けてくれる国

妻が京急バスに忘れ物をして、無事見つかった。
これ自体は嬉しく、有り難い出来事だ。
しかし、それにさすが日本という声がかかったので、言わずもがなの蛇足をつけたい。

フランスでも、iPad miniを定食屋におき忘れたことがあった。完全に忘れて店を出てトラムを待っていると、ウエイトレスさんが追いかけて来てくれて、お前たちのだろうと渡してくれた。

この種の親切はもちろんフランスだけではなく、ニューヨークの地下鉄でどれに乗ったらいいか戸惑っていたら見知らぬ現地人が声をかけてくれて、行き先を言うと教えてくれたことも一度や二度ではない。

もちろん無防備にカバンを開けていてスリにあったことも外国であったが、日本にスリがいないとでも言うか?

日本の方が外国よりなんとなく安心な感じがしているが、親切にされた経験、助けてもらえた経験は、日本もフランスやアメリカでも大した違いはない。

ま、個人の感想だが。

|

« law:市役所と家裁の連携 | トップページ | newsクリップ20140924 »

生活雑感」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/31412/60364985

この記事へのトラックバック一覧です: misc:忘れ物、なくし物を届けてくれる国:

« law:市役所と家裁の連携 | トップページ | newsクリップ20140924 »