« litigation:兵馬俑の所有権争い | トップページ | サンテミリオンの法域=Juridiciton »

2014/09/15

AirFranceのスト

エア・フランスがストライキに突入し、フランスの空のダイヤが乱れている。

昨日知り合った日本人で、ボルドー・ワインマラソンに出場したという人々も、帰国の足が不安定となって空港で難儀を強いられているようだ。状況は可変的なため、ボルドーから朝6時台のTGVでシャルルドゴール空港に行き、待機するそうである。

他方、KLMでボルドー空港からスキポール経由の帰国便に乗る人々は、影響を免れている。

ただし、現在のところ、テレビのニュースでやっているところによれば、2本に1本は運行しているというので、運が良ければ帰国も適うのかもしれない。
そして混雑はあるだろうが、他社便への振替も可能かもしれない。

このストライキ、今週末まで続く可能性があるのだが、そうなると、私の帰国にも影響する可能性がある。

おまけ、今日から執行士=Huissieur de justiceもストライキを打つ。これは執行士の職分を減らす改革に対する抗議とのことである。

|

« litigation:兵馬俑の所有権争い | トップページ | サンテミリオンの法域=Juridiciton »

外国法事情」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/31412/60319647

この記事へのトラックバック一覧です: AirFranceのスト:

« litigation:兵馬俑の所有権争い | トップページ | サンテミリオンの法域=Juridiciton »