« newsクリップ20140808 | トップページ | e-Commerce:電子商取引準則2014改訂 »

2014/08/08

LINEのやりとりで言った言わないの争いが勃発:追記あり

えー、マジ〜と思うが。しかも議員さんである。

女子中学生に「不適切メッセージ」を送った維新の府議とは… 交野市教委が抗議

大阪維新の会の山本景(けい)大阪府議(34)=交野市選出=をめぐる話で、市の発表と山本議員の話が食い違っている。しかも、LINEを通じて送ったメッセージについて、言った言わないの争いになっている。

市によると、山本氏は平成25年10月、地元の祭りで知り合った中学生数人に名刺を配布。名刺に書かれていたLINEの連絡先にアクセスしてきた生徒らを「お茶会」に誘ったが、誰も参加しなかった。生徒らが山本氏をLINEのグループから外すと、山本氏が生徒らに「絶対に許さない」「校長に電話する」「ただでは済まさない」などのメッセージを送ったという。生徒が担任教諭に相談して発覚した。

 また、山本氏は昨年秋から冬にかけて、下校途中の生徒に「おごったろか?」と声を掛けて事務所に招き入れ、たこ焼きやお菓子などを提供して意見交換。その後、生徒らが私設ファンクラブ「山本けいたん応援隊」を結成したという。

前半部分の経緯は、山本議員にとって、かなりさみしい顛末だが、「山本氏が生徒らに「絶対に許さない」「校長に電話する」「ただでは済まさない」などのメッセージを送った」ということは市が確認してのことであろうと思われる。しかも、市はこのメッセージを弁護士に相談し、脅迫罪に当たるとの意見ももらって、抗議する事態となった。

これに対して山本議員、抗議の書面の受け取りを拒否し、産経新聞の取材には以下のように答えたという。

「生徒が侮辱的なメッセージを送ってきたから怒っただけで正当な行為だ。『許さない』とは送ったが『ただでは済まさない』とは送っていない。ファンクラブは生徒が勝手に作ったもので、たこ焼きや菓子などを買い与えたことはない」

しかしオンラインでのやり取りであるから、送った方にも送られた方にも、記録は残っている。市の方も、中学生たちがこういう怖いメッセージが来たと言うのを、まさか口頭だけで信じて、ログを見なかったということはないだろうし、弁護士に相談するなら、そのログをプリントアウトするなどの形で残していることだろう。

山本議員が証拠を残しているかどうかはわからないが、名誉に関わることだけに、泣き寝入りはせずに、きちんと証拠をあげて身の証を立てたらどうだろうか?

このようなケースにおいては、民事訴訟法の規定の裏にある考え方が参考になる。

第224条  当事者が文書提出命令に従わないときは、裁判所は、当該文書の記載に関する相手方の主張を真実と認めることができる。

2  当事者が相手方の使用を妨げる目的で提出の義務がある文書を滅失させ、その他これを使用することができないようにしたときも、前項と同様とする。(3項略)

この規定は証明妨害と呼ばれるものだが、証拠となるべき文書(電磁的記録も含む)を使用できないようにした時は、相手方の言い分を真実と認めることができるというもので、証拠隠滅行為はウソ言ってる証拠というわけである。

山本議員か、中学生ないし市か、証拠隠滅行為に及んだ方がやはり嘘つきなのだろうという経験則がある。

追記:その後、当の府議さんは記者会見を開いて釈明したという。
LINE府議「言い過ぎた面もあった」「大人げなかった」 記者会見で弁明

山本氏は8日、府庁で記者会見を開き、「(中学生らに対して)言い過ぎた面もあった」と述べ、LINE上で一部不適切な発言があったと認めた。

記事には「(LINEで)トラブルになったことは事実。今だから言えるけど、LINEはやるべきではなかった。大人げなかった節もあった」という発言が紹介されている。
しかし、LINEで中学生と知り合ったことが問題なのではなくて、上記のような脅し文句を送ったり、お茶会に誘って誰も来なかったからといって怒ったりしたことが問題なのだが、その点わかってらっしゃるのだろうか?
記事からは、全く釈然としない思いだけが残る。

|

« newsクリップ20140808 | トップページ | e-Commerce:電子商取引準則2014改訂 »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/31412/60116335

この記事へのトラックバック一覧です: LINEのやりとりで言った言わないの争いが勃発:追記あり:

« newsクリップ20140808 | トップページ | e-Commerce:電子商取引準則2014改訂 »