« future:将来の格安航空は立ち乗り? | トップページ | gameで裁判員(大阪弁護士会謹製) »

2014/07/22

newsクリップ20140722

「JR 大阪駅前広場ビラ配布事件無罪判決に控訴しないことを求める法学研究者声明」の紹介

2014 年7 月4 日、大阪地裁(長井秀典裁判長)は、2012 年10 月17 日にJR 大阪駅前広場でビラ配布等をしていた市民の表現活動に関連して生じた事件において、威力業務妨害罪(刑法234 条)で起訴された韓基大氏に対して無罪判決を言い渡した。

 私たち法学研究者は、この無罪判決に対して控訴をしないことを大阪地検に求める。

【舞鶴事件無罪】安易な有罪立証への警鐘
高知新聞社説

民法見直し、消費者保護の約款規定新設 

法務省は21日、契約ルールを定める民法の債権分野に関する改正原案を来月初めの法制審議会(法相の諮問機関)民法部会に提示する方針を固めた。携帯電話加入やインターネットでのショッピング利用の際などに企業が消費者に契約条件として示す「約款」の根拠規定を新設することが柱。その上で消費者保護の条文を盛り込む方針だ。「交渉の余地なく、言われるままの契約条件をのまざるを得ない」との不満を踏まえた。

元ものまね女王・荒牧陽子、不倫略奪婚裁判で完敗…復帰の可能性も消滅か

元妻であるB子さんが「出産のために家を空けていた最中に夫と荒牧が不倫をしていた」と主張。不倫略奪婚だったことが明らかになり、B子さんは荒牧とA氏に対して精神的苦痛による損害賠償6000万円を請求する裁判を起こしていた。

|

« future:将来の格安航空は立ち乗り? | トップページ | gameで裁判員(大阪弁護士会謹製) »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/31412/60022758

この記事へのトラックバック一覧です: newsクリップ20140722:

« future:将来の格安航空は立ち乗り? | トップページ | gameで裁判員(大阪弁護士会謹製) »