« Justsystemに個人情報を売った業者 | トップページ | misc:嘘つきがいっぱい »

2014/07/12

newsクリップ20140712

勝訴見込みなく提訴 弁護士に賠償命令 奈良地裁

判決によると、元依頼人は相続した土地をめぐるトラブルで近隣住民から違約金の支払いを求められ、解決金300万円を支払う内容で平成16年に大阪高裁で和解が成立。弁護士は「解決金は取り戻せるかもしれない」と弁護を引き受け、23年10月に解決金返還訴訟を奈良地裁葛城支部に起こしたが、棄却された。

かなり酷いケースに思われる。

裁判の矛盾、リアルに 映画「ゼウスの法廷

裁判の矛盾を描いた映画「ゼウスの法廷」が愛媛県松山市湊町3丁目のシネマルナティックで上映されている。現職時に県警の裏金問題を告発した元県警巡査部長の仙波敏郎氏(65)も映画に出演。12日の上映後(午後9時半から)には高橋玄監督(48)らによるトークイベントがある。公開は18日まで。

別室の証言聞こえなかった裁判、違法に当たらず 東京高裁判決

原告の塚田育恵弁護士は2012年8月、弁護を担当している被告の共犯者の裁判をさいたま地裁で傍聴。別室からのビデオリンク方式で行われた証人尋問の音声は、裁判官らの手元のモニターでしか流れず、傍聴席からほとんど聞き取れなかったという。

 原告側は「憲法が保障する裁判の傍聴の自由を侵害した」と主張していたが、園尾裁判長は裁判を聞く自由について「傍聴人に個々の証拠の詳細な内容を知る権利が与えられているものではない」と指摘。傍聴人に音声を聞き取りやすくする措置を取らなかった裁判長の訴訟指揮は違法とはいえないと結論づけた。

神戸市職員 裁判に偽造書類を提出

神戸市などによりますと、職員は去年8月、中古マンションの売買をめぐるトラブルから売主を相手に裁判を起こしました。

 裁判では売買についての市への申請時期が争いの一部になっていて、職員は自分に有利となる市の公文書を偽造して、裁判所に提出したということです。

|

« Justsystemに個人情報を売った業者 | トップページ | misc:嘘つきがいっぱい »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/31412/59968936

この記事へのトラックバック一覧です: newsクリップ20140712:

« Justsystemに個人情報を売った業者 | トップページ | misc:嘘つきがいっぱい »