« event:法教育のチカラ | トップページ | consumer:特商法に反する悪質事業者の通報窓口 »

2014/06/23

webmoney:こんなのどう考えても怪しいだろ。

web moneyのメンバーサポートと称する発信元から、以下の様なメールが来た。

◆既に報道されておりますが、オンラインサービスを提供している他社において 数千万件規模でID、パスワードやクレジット情報などの会員情報が不正アクセスの影響により 流失したとの情報を確認いたしました。

◆本人確認のための認証メールを送信いたします。 メールを受信して、記載されているURLをクリックしてください。 :

この文面の後にURLが書かれているのだが、ちょっと無防備な人なら確実にクリックしてしまう感じだ。

でもこんなのが正規のメールとしてまかり通っていたら、他の詐欺メール・フィッシングメール・ウィルスサイト誘導メールなどと全く区別つかないじゃないか。

ということでこちらに晒して世の警告になるといいなと思った。

それに、上記の日本語、よくよく見るとちょとおかしとこあるよね。「流失」じゃないと思うし、「メールを受信して」とかいう言い回しも微妙におかしい。

少なくとも私の書く英語やフランス語よりは不自然さがないかもしれないが、やはりどこかお里が知れるというところがある。

|

« event:法教育のチカラ | トップページ | consumer:特商法に反する悪質事業者の通報窓口 »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/31412/59865128

この記事へのトラックバック一覧です: webmoney:こんなのどう考えても怪しいだろ。:

« event:法教育のチカラ | トップページ | consumer:特商法に反する悪質事業者の通報窓口 »