« NETバンキングの不正送金と補償制度 | トップページ | FRANCE:具体化されていない調停条項と訴訟不受理事由 »

2014/06/05

OSAKA:民生委員兼暴力団員

世間の大阪府に対する偏見を裏付けるようなニュースだ。

民生委員:暴力団員に委嘱…逮捕で発覚 大阪・枚方

大阪府警が詐欺容疑で暴力団員の男を逮捕した際、自宅に民生委員の表示が貼ってあったというのである。逮捕容疑の詐欺というのが、また暴力団員の身分を隠して信用金庫に口座を開設、リフォーム代名目で300万円の融資を受けたというもので、民生委員にもなっていたというのと同根な感じがある。

それはともかく、記事には以下のように記されている。

市によると、欠員に伴い市が厚労省に推薦。12年12月に委嘱され、翌13年に再任された。自治会長やPTA役員を歴任しており、「地域の事情を把握し、責任感、指導力も高い」として推薦した。

 近所の女性は「気さくな人柄であいさつもきちんとする人。暴力団員とは信じられない」と驚いた。厚労省は「聞いたことがない。市に事情を問い合わせる」としている。

厚労省の反応はともかく、46歳で自治会長やPTA役員もやったというのであるから、地域社会への貢献はかなりあったのかもしれない。民生委員も再任されている。
民生委員さんのお仕事は、まともにやればかなり大変な仕事であり、逆にやる気がなければ、全くの名誉職に堕してしまうわけで、そのあたりはどうだったのだろうか?

|

« NETバンキングの不正送金と補償制度 | トップページ | FRANCE:具体化されていない調停条項と訴訟不受理事由 »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/31412/59762955

この記事へのトラックバック一覧です: OSAKA:民生委員兼暴力団員:

« NETバンキングの不正送金と補償制度 | トップページ | FRANCE:具体化されていない調停条項と訴訟不受理事由 »