« northland:北海道の人口が減っている | トップページ | jury:裁判員制度、終わりの始まりか »

2014/06/26

newsクリップ201406127

カネボウ、「白斑」被害の補償見直し--長期治療者に後遺症慰謝料を検討

長期にわたって回復傾向が見られない被害者については、現在のところ、ロドデノール配合製品と白斑様症状発症の関係、回復可能性は完全に明らかになってはいないものの、裁判基準・労災基準に基づいて後遺症慰謝料相当の補償を支払うことを検討する。

ユニチカが金融支援を要請、繊維産業は今どうなっている?

ユニチカは26日、主力の繊維事業の不振から、主力取引先に金融支援を要請した。往年の名門企業に何が起こったのか。そこに日本の繊維産業に起こっている変革が見える。

中国の地方債務、初のデフォルト 8億2100万元、償還できず

劉氏は同委員会で「(財政が悪化した9省で)計579億3100万元分は債務借り換えなどで返済したが、最終的に8億2100万元分は償還期限が過ぎても返済できなかった」と述べた。

辞意表明の韓国首相が留任 後任辞退相次ぎ、窮余の策

後任に指名した首相候補が2人続けて辞退に追い込まれ、切るカードがなくなった末の窮余の策。大統領府は人事システムの改善も表明して国民に理解を求めたが、朴槿恵(パククネ)大統領の指導力が問われるのは必至だ。

1人の死刑を執行 香川の姉妹ら3人殺害

死刑囚は香川県坂出市で2007年11月、パート従業員、三浦啓子さん(当時58)と5歳と3歳の孫姉妹の計3人を殺害したとして、殺人や死体遺棄などの罪に問われた。

石原新党 「次世代の党」に決定も「爺世代」と揶揄
 たちあがれ日本は「立ち枯れ日本」と呼ばれていた・・・。

「禁煙確認は義務」と判決 地区表示見えにくくても…

横浜市の路上禁煙地区でたばこを吸ったとして、過料2千円の処分を受けた男性が「表示が小さくて見えなかった」と取り消しを求めた訴訟の控訴審で東京高裁は26日、「路上禁煙の取り組みは拡大しており、あえてたばこを吸う人は禁煙地区かどうか事前に確認する注意義務がある」と男性側逆転敗訴の判決を言い渡した。

|

« northland:北海道の人口が減っている | トップページ | jury:裁判員制度、終わりの始まりか »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/31412/59881574

この記事へのトラックバック一覧です: newsクリップ201406127:

« northland:北海道の人口が減っている | トップページ | jury:裁判員制度、終わりの始まりか »