« UNIV:学校教育法の改正法成立 | トップページ | justice:ブラジルの裁判所がW杯に休憩を入れるよう命令 »

2014/06/21

decision:ギリシャ戦のダフ屋行為にもう無罪判決?

翻訳の問題もあるのかもしれないが、

ダフ行為の日本人男性2人に無罪判決

W杯の日本対ギリシャ戦が行われたブラジル北東部ナタルでダフ屋行為をしたとして、日本人の男性2人が警察に一時拘束された事件で、2人は20日、ナタルの裁判所に出頭。関係者によると、裁判所はいずれも無罪との判断を示した。

ギリシャ戦って昨日の話じゃないかと、そこで行われた行為についてもう裁判所の判決がでたのか?

いくらギリシャでも早すぎだろうと思う。←ブラジルでした。
想像するに、日本で言えば警察が現行犯逮捕したが、勾留請求が却下されたとか、そういうことではなかろうか。
あるいは、公訴提起に権限を有するのが検察官ではなく予審判事で、その予審判事(=裁判所)が不起訴(=無罪)と決定したというのを丸めて上記のような記事になったのか。

真相はギリシャ法を学んでからでないと分からないが、専門外の外国法事情を軽い気持ちで紹介すると、こういうことが起こりがちである。←ブラジル法でした。

もちろんアメリカの少額裁判並みの軽罪裁判システムがあって、警察がダイレクトに公訴提起して、裁判所は口頭起訴に対して口頭で判決を下すという制度が有るのかもしれない。その場合は、日本法的常識に毒された私の方が勘違いということになるが。

|

« UNIV:学校教育法の改正法成立 | トップページ | justice:ブラジルの裁判所がW杯に休憩を入れるよう命令 »

外国法事情」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/31412/59850672

この記事へのトラックバック一覧です: decision:ギリシャ戦のダフ屋行為にもう無罪判決?:

« UNIV:学校教育法の改正法成立 | トップページ | justice:ブラジルの裁判所がW杯に休憩を入れるよう命令 »