« 研究データ改ざんで薬事法違反(誇大記述・広告) | トップページ | newsクリップ20140612 »

2014/06/11

Book:わかりやすいアメリカ連邦倒産法

生協から新刊の法律関係書籍を伝えるチラシが来たので、早速買ってきたのが上記の本。
本当に分かりやすい。

連邦破産法は、アメリカの倒産処理法を一手に集めるデパート型の立法だが、よく聞くチャプター・イレブンとかはその一つの手続である。
そして、先週のビットコイン関係の特別講演会で私が担当した国際倒産に関するアメリカ法の規律も、連邦破産法第15章である。
この本では、第15章について、約50ページを割いて解説をしており、しかもすごく分かりやすい。

日本の倒産法もこのようなタッチで書かれると良いと思うが、日本の倒産法について現在のところ一番わかり易いのは山本和彦先生の倒産処理法入門だろう。
両者は奇しくも似たような外見で、分量的にも読者がアクセシブルと感じるものである。


|

« 研究データ改ざんで薬事法違反(誇大記述・広告) | トップページ | newsクリップ20140612 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/31412/59797709

この記事へのトラックバック一覧です: Book:わかりやすいアメリカ連邦倒産法:

« 研究データ改ざんで薬事法違反(誇大記述・広告) | トップページ | newsクリップ20140612 »