« Book:デジタル・フォレンジック事典[改訂版] | トップページ | Book:事例で学ぶ民法演習 »

2014/05/01

theatre:法廷の銃声オーディション

君も法廷で雛形あきこと共演しないか?

というキャッチフレーズは書かれていないが、劇団東俳50周年記念公演「法廷の銃声」出演者オーディションのニュースに接した。

公式サイトには、以下の様な役柄のオーディションが告知されている。

エレン・へイス
新人弁護士。二歳の子を持つシングルマザー。献身的にキャロルに寄り添う。
---------------------------------------------------------------------------------
【募集キャスト】
①ウェンディー・ロジャース
家族の愛情に包まれた少女。 突然、残虐な殺人事件に巻き込まれてしまう。
②トム・サンダーソン
ウェンディー殺人事件の法廷で検事を務める。 正義感溢れる検事。
③ノーマン・グリーン
心理学者。精神科医。 フランク・ジョーダン被告の精神鑑定を任される。
④マギー・マクファーソン
ベテランの刑事弁護士。 公正な弁護を展開する。
⑤フランクジョーダン
犯人。ベス・ジョーダンの息子。 幼い少女に対する性犯罪や婦女暴行で何度も逮捕歴がある。
⑥ベス・ジョーダン
被告の母。シングルマザー。 家族や青春期にコンプレックスを抱えている。
⑦ジョセフ・ホルマン
教区牧師。キャロルの昔馴染み。
⑧ハリー・ダグラス
敏腕地方検事。 州知事当選の為、有罪を勝ち取る事に執念を燃やす。
⑨カーラ・サマーズ
精神科医。 一時的心神喪失の診断を下すお助けドクターと言われている。
⑩アル・マロリー
忠勇義烈なベテラン殺人課刑事
⑪スチュワート
ウェンディが通っていた学校の英語教師。無事を心から願っている。
⑫マーシャ・カートライト
裁判所前から凛然と中継する女性ニュースキャスター。
その他、陪審員、検死官などのキャストも募集。

【オーディション日】<第1次審査>2014年5月17日(土)15:00~
          <第2次審査>2014年5月25日(日)16:30~ or 2014年5月27日(火)16:30~
【オーディション会場】劇団東俳東京本社
【稽古期間】 2014年10月中旬予定
【チケットノルマ】あり(役によって変動30―50枚)
【ギャラ】1枚目よりバック
【応募方法】 プロフィールを下記住所まで郵送してください。
       書類選考後、通過者のみ(5/13迄に)こちらから ご連絡いたします。
【送付先】〒170-0003 東京都豊島区駒込1-37-13 株式会社劇団東俳 公演オーディション 仲澤宛
【申込締切】5月6日(火)必着

アマゾンの紹介する本のあらすじは「12歳の娘を乱暴されたうえ、殺された母親は、不利な判決など予想もしなかった。だが、犯人擁護の厚い壁に阻まれて、裁判は思うように進まず、彼女はしだいに絶望していく。そして当日、耳をつん裂く銃声が、法廷の静寂を破った―。娘を暴力に奪われた母親の悲しみと、目前で息子を失った犯人の母の苦しみと、どちらが同情されるべきなのか?現役の法廷弁護士が提起する問題作。」ということである。

|

« Book:デジタル・フォレンジック事典[改訂版] | トップページ | Book:事例で学ぶ民法演習 »

明るい法律の話題」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/31412/59562852

この記事へのトラックバック一覧です: theatre:法廷の銃声オーディション:

« Book:デジタル・フォレンジック事典[改訂版] | トップページ | Book:事例で学ぶ民法演習 »