« change:取調べの全過程可視化と全証拠開示で冤罪を無くそう! | トップページ | univ.今日の授業では今年の司法試験民訴問題を »

2014/05/20

fraud:特殊詐欺を0にした警察の対応


産経:犯行グループに電話かけ続け「回線封じ」 兵庫県警の新作戦、特殊詐欺阻止に効果、3月以降「被害ゼロ」に

 これは凄い。

被害相談から電話番号が分かったら、そこに囮作戦、警察とバレたら発信を繰り返し、さらに受信拒否されたら別回線からかけ続けるという。
また、過去の押収されたカモリストに載っている人への注意喚起なども行われている。

カモリストに登載された人を対象とした犯罪予防の取り組みは、悪質な消費者詐欺事件にも応用できそうである。ただし、プライバシーの問題は当然あるので、警察以外の機関による予防取り込みに情報を提供することはしにくいだろう。
本当は警察内部であっても、犯罪捜査を任務とする部署から予防を任務とする部署へ情報を移転することは、微妙な問題を孕むし、その2つが仮に同一の部署だとすれば、それ自体が議論の余地のある問題かもしれない。

ただまあ、そんなことを言って萎縮してしまえば詐欺グループのやり放題になるので、その正当性を専門家が検討するという方向性が望まれるわけだ。

|

« change:取調べの全過程可視化と全証拠開示で冤罪を無くそう! | トップページ | univ.今日の授業では今年の司法試験民訴問題を »

法律・裁判」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/31412/59674549

この記事へのトラックバック一覧です: fraud:特殊詐欺を0にした警察の対応:

« change:取調べの全過程可視化と全証拠開示で冤罪を無くそう! | トップページ | univ.今日の授業では今年の司法試験民訴問題を »