« law:日本法データベース比較2014 | トップページ | Book:集団的消費者利益の実現と法の役割 »

2014/04/27

男性DV被害者のためのシェルター設置へ

NHKの北海道ローカルニュースによれば、地方自治体としての北海道がこの秋から男性のDV被害者のためのシェルターを設置するとのことである。→DV 男性専用保護施設開設へ

北海道内には12ヶ所の女性被害者向けシェルターがあるが、男性向けはない。そして被害実態としては全体の1%程度とはいえ、昨年35件の相談があり、その中には深刻なものも含まれていたという。

そこで、この秋から道内に数カ所の男性向けシェルターを作るということである。

男性向けシェルターを設けることの必要性は、異論の余地のないところであろう。

予算の使い道として現状の女性向け施設についても十分ではなく、そちらの方の強化充実、あるいは民間施設に対する支援の充実も必要であり、さらに待遇面では男女を問わず、リーガルサービスの向上とそれに必要な金銭的支援も切実に必要である。

男性被害者に目を向けることは大変良いことだと思うが、目玉的に打ち上げるのではなく、バランスのとれたDV被害防止・被害者救済施策を実施していくべきとの思いに駆られるニュースであった。

|

« law:日本法データベース比較2014 | トップページ | Book:集団的消費者利益の実現と法の役割 »

法律・裁判」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/31412/59538401

この記事へのトラックバック一覧です: 男性DV被害者のためのシェルター設置へ:

« law:日本法データベース比較2014 | トップページ | Book:集団的消費者利益の実現と法の役割 »