« STAP細胞騒動に思う一民訴学者の感想 | トップページ | ジェンダー研修受講中 »

2014/04/11

世界の殺人とDVの割合

東京新聞が伝えるところによると、「国連薬物犯罪事務所(UNODC)は10日、2012年に世界で起きた殺人事件で約43万7千人が犠牲になったと発表した。うち15%の6万3600人が家庭内暴力(DV)の犠牲者で、中でも女性が4万3600人と7割近くを占めた。」

この元データは→Some 437,000 people murdered worldwide in 2012, according to new UNODC study

同機関のJean-Luc Lemahieu氏は、以下のようにまとめている。

「あまりに多くの命が悲劇的に断たれており、あまりに多くの家庭と地域が害されている。いかに暴力犯罪が世界中の国を蝕んで、特に若者に影響しているか、そしてまた女性に重大な被害をもたらしているか、いますぐ理解する必要がある。」

一般的に殺人被害者の80%が男性で、その犯人の95%が男性だが、殺人事件のうち15%に当たる63,600件は家庭内の事件(DV)であり、その被害者の約70%に当たる43,600人が女性だという。

また若者・子どもが被害者となるケースも注目されており、約半分の殺人被害者が30歳以下、しかも15歳以下の被害者が殺人被害者全体のうちの約15%を占めている。

地域的な分析によれば、約半分の殺人事件はアメリカ大陸とアフリカ大陸で起きており、世界の人口シェアの11%の地域で約半分の殺人事件が起きているという。これに対してヨーロッパ、アジア、大洋州は比較的殺人事件が起きる割合が少ない。

組織犯罪に結びついた殺人が特に多いのがアメリカ大陸で、全殺人事件の30%がこの種の殺人であり、1950年代以来、ヨーロッパやアジアの5倍から8倍に昇る。

そして、殺人犯が有罪判決を受ける割合も、世界平均では43%だが、アメリカ大陸では24%にとどまり、アジアは48%と平均的、ヨーロッパは81%と高い有罪率を誇っている。

さて、日本ではどうかな?

|

« STAP細胞騒動に思う一民訴学者の感想 | トップページ | ジェンダー研修受講中 »

法と女性」カテゴリの記事

コメント

Is there an English version of this site?

投稿: ingiltere dil okulu | 2014/05/02 04:31

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/31412/59449030

この記事へのトラックバック一覧です: 世界の殺人とDVの割合:

« STAP細胞騒動に思う一民訴学者の感想 | トップページ | ジェンダー研修受講中 »