« C. COUTELLE下院議員とフランスのDV対策法 | トップページ | 日本法の特徴に対するFrance人の関心事 »

2014/03/18

速報:Franceの集団的消費者被害回復訴訟制度が公布された

2014年3月17日、フランスの集団的消費者被害回復訴訟制度(action de groupe)を消費法典に導入する法律が公布された。

Loi n.2014-344 du 17 mars 2014 relative à la consommation

この法律の案については、このブログで昨年5月に紹介していたところだが、立法経過は以下の通りであった。

下院に提出されたのは2013年5月2日で、同年7月3日に下院で可決された。
上院に提出されたのが同月4日で、9月13日に修正可決された。
同月16日から下院の第二読会が始まり、12月16日に修正可決された。
同月18日に上院の第二読会が始まり、2014年1月29日に修正可決された。

その後、両院協議会で1月30日から審議され、2月12日に上院で修正意見を付けて可決、翌13日に下院で可決された。

そして憲法院への提訴が2月17日になされ、その一部違憲一部合憲判決が3月13日付けで下され、めでたく昨日17日に公布されたというわけである。

ちなみに違憲とされたのは、グループ訴権とは関係のない部分であるので、グループ訴権の創設は問題なく認められた。

|

« C. COUTELLE下院議員とフランスのDV対策法 | トップページ | 日本法の特徴に対するFrance人の関心事 »

フランス法事情」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/31412/59316067

この記事へのトラックバック一覧です: 速報:Franceの集団的消費者被害回復訴訟制度が公布された:

« C. COUTELLE下院議員とフランスのDV対策法 | トップページ | 日本法の特徴に対するFrance人の関心事 »