« misc.証拠確保の難しさ | トップページ | NET詐欺、どう防ぐか »

2014/01/31

札響定演:ハイドン・ブルッフ・モーツァルト


ペク・ジュヤンのヴァイオリンにマティアス・バーメルトによる指揮で、ブルッフのヴァイオリン協奏曲第一番が演奏された。
ちょうど、上記CDがそれである。

ペク・ジュヤンさん、真っ赤な片袖のロングドレスに身を包み、艶やかにソロを演じていたが、それにしても咳きこんだり、演奏の合間に音出して弦を調節したり、色々と落ち着かない人だった。

でもその奏でる音色は素晴らしくダイナミックで、札響のバックとよく合っていた。

アンコールに答えてもらえなかったのがちょっと残念。もっと聞きたかったのに。ということでロビーで上記CDを買ってきた。

札響2014年1月定演

|

« misc.証拠確保の難しさ | トップページ | NET詐欺、どう防ぐか »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/31412/59046492

この記事へのトラックバック一覧です: 札響定演:ハイドン・ブルッフ・モーツァルト:

« misc.証拠確保の難しさ | トップページ | NET詐欺、どう防ぐか »