« event:地域から考えるDV防止法・DV施策の課題と展望 | トップページ | misc.証拠確保の難しさ »

2014/01/29

net:ドイツ版スマホ中毒データ

ワイヤードの「自分の「スマホ中毒度」を測定できるアプリ」という記事は面白い。

ボン大学の先生が開発した、懐かしのカレログに似たアプリmenthal balanceというものは、スマホの起動ログやアプリ利用ログを蓄積し、研究のための開発者に送信するという。それでボン大学の学生50人のデータを取り、スマホ中毒状態が浮き彫りになったという。

参加した学生の1/4が、1日に2時間以上スマートフォンを使っていた。また、参加者は平均して、1日の昼間の時間帯だけでも80回以上電源をオンにしていた。これは平均すると12分に1回だが、この倍の数になる学生もいた。

一般的な使用では、電話での会話が1日に8分、テキストメッセージを書くのは2.8件だけであり、時間の半分は、メッセンジャー・アプリやソーシャル・ネットワーキングサイトに費やされていた。

スマホを使って費やされた時間の15%を、チャットアプリの「WhatsApp」が占め、ゲームは13%だった。

ここに出てくるチャットアプリというのは、LINEの簡易版のような感じで、以下の様なものだ。

WhatsApp メッセンジャーとはSMS(ショートメッセージ)料金を払わずに無料メッセージを交換できるスマートフォン向けクロスプラットフォーム チャット アプリです。WhatsApp メッセンジャーは現在 Android、iPhone、BlackBerry、Windows Phone、そして Nokiaの機種でご利用いただけます。別プラットフォームとのメッセージ交換も可能です! WhatsApp メッセンジャーはEメールやウェブブラウザーと同様、インターネットデータプランを通じて送受信を行うため、メッセージは無料で送受信できます。

WhatsApp では通常のテキストメッセージだけでなく、グループチャットを作成したり、無限の画像やビデオ、音声ノートを送信できます。

ということで、ドイツ人の大学生もスマホ中毒はかなり進んでいるようだし、LINEは使ってなくともそれと同様のアプリが席巻し、学生をとりこにしているわけだ。

況や中学生・高校生をや。

|

« event:地域から考えるDV防止法・DV施策の課題と展望 | トップページ | misc.証拠確保の難しさ »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/31412/59028718

この記事へのトラックバック一覧です: net:ドイツ版スマホ中毒データ:

« event:地域から考えるDV防止法・DV施策の課題と展望 | トップページ | misc.証拠確保の難しさ »