« arret:性別を男性に変更した者を父とする嫡出推定を認めた事例 | トップページ | Book:いま「憲法改正」をどう考えるか »

2013/12/14

consumer:道内二度目の消費者契約法に基づく差止め訴訟提起

2013年12月13日、ホクネットは、ヒルサイドクラブ迎賓館を運営するテイクアンドギヴ・ニーズに対し、消費者契約法に基づく差止めの訴えを提起した。

訴状.pdfによれば、被告の使用する約款では結婚式場利用契約のキャンセルについて、利用予定日の120日以上前であれば一律10万円のキャンセル料がかかるとされている。

しかしこれだとたとえ1年以上前に予約してすぐ解約しても、10万円のキャンセル料が発生することになる。こうした条項は、損害賠償の予定を定める条項を平均的損害の範囲内でしか有効と認めていない消費者契約法9条1号に照らして無効というわけである。

ホクネットにとっては、これが二度目の差止請求訴訟提起である。

|

« arret:性別を男性に変更した者を父とする嫡出推定を認めた事例 | トップページ | Book:いま「憲法改正」をどう考えるか »

消費者問題」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/31412/58751261

この記事へのトラックバック一覧です: consumer:道内二度目の消費者契約法に基づく差止め訴訟提起:

« arret:性別を男性に変更した者を父とする嫡出推定を認めた事例 | トップページ | Book:いま「憲法改正」をどう考えるか »