« 消費者のパーソナルデータ保護の必要性 by GAO | トップページ | police:警察ぐるみの犯罪 »

2013/11/23

event:スノーデンとNSAジレンマ@早稲田大学

ポーリン・ライシ教授からご案内をいただいた。

スノーデンとNSAのジレンマに対する国際社会の反応---他国のデータプライバシーとデータ保護法

日時 12月14日13時から18時
入場料 3000円
英語日本語通訳あり

内容はラトビア、ドイツ、カナダ(オタワ)の実務家・研究者が報告するのに加え、アジアはライシ教授、日本は笠原毅彦教授が報告する。

主催は早稲田大学のアジア太平洋サイバー犯罪・インターネットセキュリティー研究所

|

« 消費者のパーソナルデータ保護の必要性 by GAO | トップページ | police:警察ぐるみの犯罪 »

学問・資格」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/31412/58627056

この記事へのトラックバック一覧です: event:スノーデンとNSAジレンマ@早稲田大学:

« 消費者のパーソナルデータ保護の必要性 by GAO | トップページ | police:警察ぐるみの犯罪 »