« copy機のメモリが外部から丸見え? | トップページ | inlaw:情報ネットワーク法学会第13回研究大会の参加申し込み開始 »

2013/11/10

Book:桜ほうさら

宮部みゆきの新境地と帯に書かれた時代小説を読んだ。

主人公の青侍の生き様は、ちょっとテレビの連続ドラマ的な印象、それもNHKでよくある4、5回連続のドラマの原作とするべく書かれたような印象を受ける。
その中でもとてもよい役を与えられているのが切髪の娘さん、和香だ。
Inouewaka
和香とい名前から、この方のお顔を思い浮かべながら読んでいったが、主人公に関しては、ま、なんというか、若者は世間を知らないけど、一生懸命生きているってことだ。

でも彼女と祝言はあげられないんかなぁ。

|

« copy機のメモリが外部から丸見え? | トップページ | inlaw:情報ネットワーク法学会第13回研究大会の参加申し込み開始 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/31412/58550321

この記事へのトラックバック一覧です: Book:桜ほうさら:

« copy機のメモリが外部から丸見え? | トップページ | inlaw:情報ネットワーク法学会第13回研究大会の参加申し込み開始 »