« 新潟大の女子学生が遭難したCappadociaの思い出 | トップページ | jugement:自炊代行業者の著作権侵害 »

2013/09/11

justice:女装は犯罪か?

ロイター:「女装は犯罪でない」、南米ガイアナの最高裁が判決

トランスジェンダーたちに歓迎されているこの判決だが、そもそもガイアナでは「同性愛やトランスジェンダーはガイアナでは数十年来違法とされていた」というのである。

記事自体からは、現在もなお、同性愛やトランスジェンダーが違法とされているのかどうか明らかではないが、女装を取り締まるようになったのは2009年で、国際的にも批判が強く、トランスジェンダーの男性が関連法律の無効化を求めて訴えを提起いていたという。

なかなか理解が難しい記事だが、日本の違憲訴訟についても、報じ方によってはこういう表現になるのかもしれない。

女装と犯罪といえば、プーチン大統領が女性下着姿をしている絵画がロシアの官憲によって押収されたというケースが関連ニュースで出てきたのが皮肉である。

ロイター:「女性下着姿のプーチン」は違法、G20開催地で警察が絵画押収

putin

|

« 新潟大の女子学生が遭難したCappadociaの思い出 | トップページ | jugement:自炊代行業者の著作権侵害 »

外国法事情」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/31412/58171737

この記事へのトラックバック一覧です: justice:女装は犯罪か?:

« 新潟大の女子学生が遭難したCappadociaの思い出 | トップページ | jugement:自炊代行業者の著作権侵害 »