« nuk:福島第一原発の地下水汚染が進んでいる | トップページ | justice:女装は犯罪か? »

2013/09/11

新潟大の女子学生が遭難したCappadociaの思い出

法律問題ではないのに、残念なニュースだ。

トルコ世界遺産カッパドキアで惨劇 日本人女子大生殺傷

トルコ邦人殺傷、犯行認める

オリンピック開催地決定の直後に起こったニュースだけに、気になる部分がないわけではなかったが、それとは関係のない事件のようである。
それにしても、トルコとカッパドキアの素晴らしい場所が危ない場所であるかのように誤解されるとすれば、残念でならない。

カッパドキアは、世界遺産に登録されている有名な地方であり、私も昨年Istanbul:家族と暴力に関するカンファレンス(1)(2)に参加した折、NPO法人日本トルコ文化交流会のお世話により、訪問する機会があった。
以下、その写真を紹介しておこう。

Dscf0761Dscf0766Dscf0770Dscf0793Dscf0795
カッパドキアには地下都市がある。この案内をしてくれたガイドさんによれば、ヒッタイトの時代に被征服民が隠れるために作ったということで、ここにアップした写真では語り尽くせないほどに広がり、キッチンやら居間やらワイン醸造設備やら、また外敵の侵入時に通路を塞ぐ巨石車輪などが広がっていた。

辺りは草木の少ない岩石だらけの土地だ。所々にある市場には、様々なものが売られていたが、果物やそのジュースはなんとなくホッとする。
Dscf0809Dscf0813Dscf0814Dscf0827Dscf0843Dscf0844


ヒッタイト時代に築かれた地下都市は、さらにローマ時代の隠れキリシタンの避難所にもなったようである。キリスト教徒たちの痕跡は、教会の跡や宗教画によりうかがわれる。

Dscf0848Dscf0852Dscf0857Dscf0874


カッパドキアと呼ばれる地方は、陶器の生産が盛んのようで、拠点となる都市カイセリ(カエサルの名前に由来する)にも陶器製品のオブジェがあった。この写真にあるような製作実演販売が行われている。
もちろんカッパドキアのシンボル的な巨岩奇岩は人工物ではなく、自然の産品である。キノコのような形になって、ホッソリとした奇岩のタワーは、この地に地震がないことを示しているのであろう。
トルコ中部も大地震の被害を受けたニュースを聞くが、この地とは離れているということであった。

以下、参考文献等。


|

« nuk:福島第一原発の地下水汚染が進んでいる | トップページ | justice:女装は犯罪か? »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/31412/58171500

この記事へのトラックバック一覧です: 新潟大の女子学生が遭難したCappadociaの思い出:

« nuk:福島第一原発の地下水汚染が進んでいる | トップページ | justice:女装は犯罪か? »