« cinema:奇跡のリンゴほか | トップページ | sympo:消費者団体訴訟制度シンポ »

2013/09/30

Book:基本講義 消費者法

留守中に発行されたことをTwitterで知ったが、現物を手にして、充実した内容に驚いた。



300頁そこそこのソフトカバーだが、消費者保護に関係する法律が網羅的に、しかも立体的に取り上げられており、特に実体法部分は充実している。

これに対して民事訴訟については、山本和彦先生の論考が全体像を明らかにしているので、それに続いていくつかの具体的な論考があるとよかったのだが、私と長野弁護士が同じ団体訴訟を扱っていて、そこだけ手厚いが、他はもう少し掘り下げたいところであった。

しかし消費者法に関する書籍は法改正の頻繁さに応じて改訂スピードも速いのが通常である。
本書も、そうした改訂スピードについていけるとすれば、より充実した内容に改める機会がたくさんあるだろう。

|

« cinema:奇跡のリンゴほか | トップページ | sympo:消費者団体訴訟制度シンポ »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

消費者問題」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/31412/58295348

この記事へのトラックバック一覧です: Book:基本講義 消費者法:

« cinema:奇跡のリンゴほか | トップページ | sympo:消費者団体訴訟制度シンポ »