« censorship:はだしのゲン騒動 | トップページ | Symposium:えっ、まだ成立していなかったの?集団的消費者被害回復制度 »

2013/08/27

Americaの外食産業炎上ケース

といっても冷蔵庫に入ってみせるという子どもじみた話ではない。

CNN:食べ散らかしの子連れ客、カフェ経営者が写真掲載で炎上

子どもが騒ぐので、その子ども連れの二組を店から出て行ってもらい、食べ散らかしたテーブルの下の写真をFBにアップしたところ、逆に炎上したという。

マクダフさんのページには、ボイコットの呼びかけから危害を加えるという脅しまで、非難のコメントが殺到。「客に対する態度が高慢だ。子どもを差別している」「客の子どもを公然と笑いものにするのは大きな間違い。訴えてやれ」「あんたのようなむかつく人間は大損すればいい」などの投稿が並んだ。

このニュースを伝える上記のテレビプログラムでは、子どもを外食店に連れて行く時の留意点について話している。
外国では、子どもの躾が厳しいという話と、特にレストラン等では子どもを野放図にしておくことは許されないという話が日本では流布されていて、ある程度は真実だと思っていたが、大衆的な外食店でもこのような対応をするところがあるというのは、ちょっと驚きであった。

|

« censorship:はだしのゲン騒動 | トップページ | Symposium:えっ、まだ成立していなかったの?集団的消費者被害回復制度 »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/31412/58074496

この記事へのトラックバック一覧です: Americaの外食産業炎上ケース:

« censorship:はだしのゲン騒動 | トップページ | Symposium:えっ、まだ成立していなかったの?集団的消費者被害回復制度 »