« Iftar イフタールのおよばれ | トップページ | 今日は2012下-2013上サイバー判例回顧 »

2013/07/23

Book:時のみぞ知る

ジェフリー・アーチャーのこの作品が、期待を裏切らずに面白い。

前に出版された遥かなる未踏峰〈上〉 (新潮文庫)もまあ面白かったが、「時のみぞ知る」はクリフトンという魅力的な男の子の人生を(少なくともこれまでは)丹念に描いて、よりじっくりと楽しめる。

年代記とあるように、ジェフリー・アーチャーの得意な作風そのものだ。ただ、これまでは二人の人生の並行した成長期が多かったが、本作品は(少なくともこれまでは)クリフトン一人の人生成長期である。

解説によれば、イギリスでは既に第三部まで出ているそうで、翻訳出版されるのが待ち遠しい。特にこの上下巻の最後は、えー、これで終わりってないなーという場面だっただけに、いっそ原書を注文しようかとさえ思うところである。

|

« Iftar イフタールのおよばれ | トップページ | 今日は2012下-2013上サイバー判例回顧 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/31412/57850060

この記事へのトラックバック一覧です: Book:時のみぞ知る:

« Iftar イフタールのおよばれ | トップページ | 今日は2012下-2013上サイバー判例回顧 »