« Book:ニッポンの刑務所 | トップページ | 憲法院院長が紹介するPalais Royalと憲法院 »

2013/06/08

R&B1960年のヒット

リズム・アンド・ブルースを昔に遡って聞くと、本当にブルースから分派したという感じがヒシヒシとする。

1960年最初のビルボード R&B部門シングルでNo.1を飾ったのがThe Clouds by The Spacemen


この曲はビアノのブルースそのものといってもよい。1922年NYのブロンクス生まれのピアニストSamuel "Sammy" Benskinが中心となったグループ名がThe Spacemenという。
この曲を出したレーベルがJulius Dixsonの所有するAlton Recordsで、この曲により黒人所有の独立系レーベルが初めてBillboardsチャートNo.1を飾ったのだという。
ちなみに、Julius Dixsonは2004年にニューヨークの病院で亡くなったが、遺族は医療過誤で病院を訴えたという。結果は不明だが。(参考: http://en.wikipedia.org/wiki/Julius_Dixson

2月から4月にかけて10週連続トップとなったのが、Brook Benton and Dinah Washingtonのデュオだ。

ダイナ・ワシントンの初期デュオであり、マービン・ゲイにも同じような曲がありそうだ。
ちなみにダイナ・ワシントンで素晴らしいと思う曲はWhat A Difference A Day Makesであり、雰囲気は全く違う。
相方のBrook Bentonが1982年に歌ったライブ映像もYou Tubeにある。ここで歌っているRainy Night in Georgiaが彼の最大のヒットで、Brook Bentonは忘れられても、この曲はレイ・チャールズやサム・クックなどのカバーでスタンダードとなっている。

この1960年という年は、他に有名なところではChubby Checker - The Twistが一世を風靡したとか、Save the last dance for me - The Drifters、サム・クックのワンダフル・ワールド他のヒットがある。
しかしレイ・チャールズのGeorgia On My Mindは忘れ得ない名曲だ。

|

« Book:ニッポンの刑務所 | トップページ | 憲法院院長が紹介するPalais Royalと憲法院 »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/31412/57550162

この記事へのトラックバック一覧です: R&B1960年のヒット:

« Book:ニッポンの刑務所 | トップページ | 憲法院院長が紹介するPalais Royalと憲法院 »