« 徳島大学の「脅迫」e-mail事件 | トップページ | Googleサジェストが名誉毀損になるかen France »

2013/06/21

Legal Info:ドイツ法の英訳

今日の法情報学の授業で紹介したところだが、ドイツ法のサイトはドイツ法務省サイトが充実している。

実にそっけないトップページだが、左の見出しの中からGesetze/Verordnungenをクリックすると、アルファベット順に法令名にアクセスできるようになっている。

例えば民法典ならBurgerliches Gesetzebuchであるから、Bをクリックしてアクセスする。

ただし、その下の一覧は法令名の略称により、略称のアルファベット順だから、BURG...と探してもみつからず、BGBと探さなければならない。

めでたくドイツ民法典にたどり着くことができたが、そこにはイギリスの国旗マークもあり、英訳も掲載されているのだ。German Civil Codeという訳で、英語のドイツ民法にアクセスできる。

同様に民事訴訟法典も、ZPOを探し、英語のドイツ民事訴訟法典が入手できる。

ドイツ語ができない人にとっては朗報だろう。

EU諸国では、何をやるにしても20以上の言語に翻訳しなければならないので、法律文書の英訳くらいは朝飯前ということかもしれない。しかし、長い歴史のある法律は一つ一つの用語に独特の意味が込められているので、翻訳はたやすい作業ではない。
それでも、英語訳は標準的で蓄積もあり、定着しているということなのであろうか。

英語の仏語や独語への翻訳は、遅々として進んでいない気がするが、ヒマがあったらイギリスの法情報サイトを散策してみよう。

|

« 徳島大学の「脅迫」e-mail事件 | トップページ | Googleサジェストが名誉毀損になるかen France »

外国法事情」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/31412/57635556

この記事へのトラックバック一覧です: Legal Info:ドイツ法の英訳:

« 徳島大学の「脅迫」e-mail事件 | トップページ | Googleサジェストが名誉毀損になるかen France »