« Googleサジェストが名誉毀損になるかen France | トップページ | SAPICA共通利用が始まり、サピカ離れ »

2013/06/22

英語・日本語で見るFRANCE法

昨日はドイツの法律が英訳されていることを紹介したが、今日はフランス法の英訳を紹介しておこう。

いつも頼りになるのがレジフランスだ。

このサイトを開き、上部にあるTraductionsというメニューをクリックすると各種の翻訳へのリンクが現れる。

一つは、レジフランス自身に翻訳が掲載されているもので、Liste des textes traduits pour le site LegifranceをクリックするとPDFファイルのダウンロードが可能になっているもののリストが現れる。

民法、刑法、商法、民訴法、刑訴法、消費者法、知財法、環境法、財政法などが、英訳とスペイン語訳で掲載されている。

またカタログをクリックすると、レジフランス自身の訳も含まれているが、外部の翻訳ページとのリンクが豊富に設定されている。

例えば憲法については憲法院のサイトに現憲法の英訳がある。
このページは法令だけでなく、判例の翻訳もある。破毀院のページでは日本語による重要判例の紹介ページがあり、リンクされている。判決文自体も、かなり微妙な訳ではあるが、日本語訳のPDFがついている。

なお、単語レベルでのオンライン辞書として使えそうなのが、IATEだ。フランス法へのアクセスとしてももちろんだが、その他の言語の単語を英語にすることも、EU諸国のそれぞれの言語相互で対応する単語を調べることができる。

|

« Googleサジェストが名誉毀損になるかen France | トップページ | SAPICA共通利用が始まり、サピカ離れ »

フランス法事情」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/31412/57641280

この記事へのトラックバック一覧です: 英語・日本語で見るFRANCE法:

« Googleサジェストが名誉毀損になるかen France | トップページ | SAPICA共通利用が始まり、サピカ離れ »