« law:金融機関間の情報提供義務違反+慣習 | トップページ | International:国際海洋法裁判所の裁判官に、日本からは柳井氏を候補指名 »

2013/06/14

action:亀田製菓の柿の種訴訟が和解

柿の種の類似商品を販売していた他の業者に対して、亀田製菓が起こしていた差し止め訴訟は、和解により終結したようだ。
訴え提起は2012年9月19日で、被告は宮田とレスペ。

ブレスリリース

それによれば、柿の種ピーナッツという類似商品を今後1年間販売しないことが定められている。
また現在のパッケージを廃棄することとしている。

同じ商品はもう売らないことになっているが、同系統の商品を異なるパッケージで1年後に売ることは禁止されていない。ここは消費者の誤認を招かなければ良いということのようだ。

問題となったパッケージはこちら。
F5880abc

亀田製菓の方は、こちら。
O0500030612196543846


|

« law:金融機関間の情報提供義務違反+慣習 | トップページ | International:国際海洋法裁判所の裁判官に、日本からは柳井氏を候補指名 »

法律・裁判」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/31412/57592178

この記事へのトラックバック一覧です: action:亀田製菓の柿の種訴訟が和解:

« law:金融機関間の情報提供義務違反+慣習 | トップページ | International:国際海洋法裁判所の裁判官に、日本からは柳井氏を候補指名 »