« 憲法96条改正の論理 | トップページ | France:集団的消費者被害回復訴訟法案の内容 »

2013/05/06

Franceでも、集団的消費者被害回復のための訴訟制度が国会に提案された

フランスでは何度も立法提案が挫折している集団的消費者被害回復訴訟制度、フランス語ではAction de groupeだが、これが閣議決定され、2013年5月2日に国民議会に提案されたそうである。

Le monde de droit:Projet de loi relatif à la consommation

この記事によれば、この法案はいわゆる集団的消費者被害回復訴訟制度の他にも、過剰債務対策、債務の全国的な登録制度、保険解約権、法定保証および修理可能性についての情報透明化、大型小売店と納入元との価格再交渉義務など、多方面に及んでいる。
電子商取引関係にも改正がなされるようである。

政府ポータルサイトのコミュニケ
legifranceの法案

|

« 憲法96条改正の論理 | トップページ | France:集団的消費者被害回復訴訟法案の内容 »

フランス法事情」カテゴリの記事

消費者問題」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/31412/57327064

この記事へのトラックバック一覧です: Franceでも、集団的消費者被害回復のための訴訟制度が国会に提案された:

« 憲法96条改正の論理 | トップページ | France:集団的消費者被害回復訴訟法案の内容 »