« jugement:検察なうの八田さんに無罪判決 | トップページ | EVENT:団体訴訟札幌シンポの参加締切迫る »

2013/03/01

内閣府男女共同参画局がFacebookページ開設

本日より、男女共同参画局がフェイスブックページを開設した。

内閣府男女共同参画局

そもそもの男女共同参画局のサイトはこちら

先日の消費者委員会と消費者団体との意見交換の場で、消費者委員会の活発な活動は敬服しているが、残念ながら一般には全くといっていいほど知られていない、広報の仕方を考えて、もっと露出すべきではないかということを申し上げた。
で、具体策を聞かれて答えにつまり、内心ではTwitterとかFacebookページとかやったらどうかと言いたかったのだが、言えないでいた。

なぜ言えないでいたかというと、Twitterにしても、FBにしても、公的機関がこれを活用して情報発信をし、双方向性を存分に活かしてコミュニケートし、存在感を示すのは、ある種の覚悟と努力が必要だからだ。
政策内容によっては非難・批判が集中する口を作ることにもなるし、政策内容をSNSに掲載するということは批判・非難の呼び水ともなる。そしてそれこそが炎上マーケティングとも呼ばれるように、注目度を高める方策でもあるのだが、おそらく炎上することは悪いこと、恥ずべきことくらいにしか思っていないだろうし、可能な限りそれは避けるべきと思っているだろう。
まんべくんほどではないにしても、それなりにやんちゃな書き込みでなければ、炎上すらしないということになる。可能な限り非難を呼び込まないようにと気をつけた書き込みでは、公式のウェブサイトの他にSNSを通じた情報発信をする意味はほとんどないのだが、その覚悟と努力は、おそらく望めないのではないかと、そう思っていた。

さて、その点で今回の男女共同参画局がFBページを開設したというのは、期待半分、不安半分といったところだ。ただでさえ叩かれやすいジェンダーの元締めが、いかほどの覚悟を持ってFBページを運用するのか、楽しみではある。

|

« jugement:検察なうの八田さんに無罪判決 | トップページ | EVENT:団体訴訟札幌シンポの参加締切迫る »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/31412/56865156

この記事へのトラックバック一覧です: 内閣府男女共同参画局がFacebookページ開設:

« jugement:検察なうの八田さんに無罪判決 | トップページ | EVENT:団体訴訟札幌シンポの参加締切迫る »