« election:期日前投票、最高裁裁判官国民審査も。 | トップページ | jugement:弁護士Vs.行政書士:泥沼化した紛争 »

2012/12/14

札響通算555回目の定期演奏会

今日の札響は、前半の初演2つが素晴らしかった。
パリー「ブラームスに寄せる哀歌」
ニールセン「クラリネット協奏曲 op.57」

クラリネットはドイツ人のセバスチャン・マンツ。この人のクラリネットは本当に素晴らしかった。

言葉は悪いが、大道芸のピエロが吹くような感じで、自由闊達にクラリネットを吹き、感動を与えてくれた。
実際、基本的に単音しかでないはずのクラリネットなのに、両手でピアノを引いているような感じの音を出し、ドラムや他のホーン・セクションとの掛け合いも抜群。

指揮者に近すぎて、叩かれるんじゃないかとヒヤヒヤしながら見ていたが、そんなこともなく。

この人は1986年生まれというから、我が息子より一つ年上なだけである。レコーディングも多彩だとパンフレットにはあるが、アマゾンではソロのCDがないようだ。

後半、ブラームスの交響曲1番は、間延びした残念な出来だった。

|

« election:期日前投票、最高裁裁判官国民審査も。 | トップページ | jugement:弁護士Vs.行政書士:泥沼化した紛争 »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/31412/56320098

この記事へのトラックバック一覧です: 札響通算555回目の定期演奏会:

« election:期日前投票、最高裁裁判官国民審査も。 | トップページ | jugement:弁護士Vs.行政書士:泥沼化した紛争 »